神戸を代表する七つの神社の七福神を3階飲食フロアにお祀りしております。
七福神を参拝すると、七つの災難を払い、七つの幸運を授かります。
是非、開運祈願巡りをお楽しみください。

恵比須神(えびすてん)

恵比寿天

元来、漁村に生まれた信仰が、農業の神となり、さらに開運招福の神として商家で信仰され、
日本で生まれた唯一の七福神である。現在では、商売繁昌・家内安全の神として有名である。


大黒天(だいこくてん)

大黒天

インドのシバ神が仏教の守護神となり、
日本へは寺院の厨房の神として伝わる。
大国主命の別名。大龍寺は、毘沙門・大黒・弁天の三つの顔を持つ三面大黒天として有名である。


 弁財天(べんざいてん)

弁財天

七福神の中の唯一の女神。
芸能を司る神として技芸・雄弁・知恵・財宝をもたらす神として仰がれ、特に生田の弁財天は良縁を授ける縁結びの神として有名である。


毘沙門天(びしゃもんてん)

毘沙門天

須弥山守護の四天王の一神。
北方の極位に存在。別名を多聞天と称す。湊川神社の楠公は毘沙門天の申し子である。
財宝・富貴自在の正義の神。


布袋尊(ほていそん)

布袋尊

中国で弥勒菩薩の化身といわれて慕われた契此(実在の人物)がモデルとなった福の神。
人間の器量を養い、悟りの境地を体得せしめる。
天上寺は、子宝信仰でも有名である。


寿老人(じゅろうじん)

寿老人

中国伝来の寿命・長寿・知恵の神。千年をこえて生きる玄鹿を連れている。福禄寿と同神とする説もある。 有馬温泉の念仏寺の寿老人は、
霊泉の浴効の象徴である。


福禄寿(ふくろくじゅ)

福禄寿

幸せ(福)・お金(禄)・長生き(寿)を願うには、頭こそ肝心と長くて大きな頭。
その頭をじかに手で撫ぜて、「ボケ封じ」のお徳も頂けるのが、須磨寺の福禄寿さんです。