Close

Blog

  • Home
  •  / 
  • ブログ

大阪は日本のカジノの中心地になり得る

大阪におけるカジノ事業に関して、多くの変化が見られるようになりました。日本人は、イノベーションを得意としており、カジノビジネスにおいても同様のことが言えるでしょう。大阪が日本における「カジノのメッカ」と呼ばれる日もそう遠くないでしょう。信じ難いかもしれませんが、ここで詳細をお伝えすることでその考えは、変わるかもしれません。では、大阪が日本のカジノの中心地となり得る理由を見ていきましょう。 1. 変化する状況 カジノについてこの都市が直面してきた最大の課題は法律に関するものでした。大阪は、競争都市に勝って日本におけるラスベガスとなるために、法律の改正を望んできました。そのため橋本徹大阪市長と松井一郎府知事が率いるキャンペーンが展開されました。しかし多くの遅延に直面し、一筋縄にはいきませんでした。この時点において、中央政府はカジノの建設を可能にするための「統合型リゾート推進法案」を集中して議論していました。最終的に法案は可決され、日本におけるカジノギャンブルが合法化されたため、その努力は実を結ぶ結果となったのです。 2. 次のステップ 合法化が決定する前の時点ですでに、大阪府はいくつかの主要カジノ運営者との話合いを始めていました。そのうちの一社が、世界最大のカジノオペレーターであるMGMリゾーツ・インターナショナルです。MGMリゾーツをご存知ない場合は、ラスベガスの主要なカジノを検索すると、すぐにお分かりになります。 3. 現在の状況 市場への参入を希望する企業が多く、カジノのライセンスを獲得するのは容易ではありません。現在、MGMリゾーツが優位に立っています。大阪は2025年の万国博覧会の開催地であり、MGMはもうすぐ勝利を手にすると見られています。手続きが完了すると3つのライセンスが発行されますが、主要な候補地は大阪、横浜、東京の3都市です。ほとんどの企業が脱落し、MGMと銀河娯楽(ギャラクシーエンターメント)が残された選択肢です。MGMは様々な理由により、2社のうちでも優位に立つものと考えられています。同社と金融サービス会社であるオリックスが、実際に当局にコンセプトの提出を行った唯一の入札者となりました。次に何が起こるかを予測するのは難しくはありませんが、今は辛抱強く待つことが肝心でしょう。大阪が、日本のカジノの中心地となる日も近いことでしょう。